株式会社国際協力銀行2018年度
新卒採用情報

CAREER DEVELOPMENT

人材育成について

国際金融の諸問題に創造的に取り組むプロフェッショナルとしての見識と能力を磨くために

JBICの業務の最前線においては、国際金融の諸問題に創造的に取り組み、 かつ多様なニーズに応えるプロフェッショナルとしての見識と能力が常に求められる。
また、若手のうちから様々な案件に取り組むことになるため、早い段階から自分のキャリアの方向性を主体的に見出し、スキルアップに努める意識や行動が不可欠となる。
そのため、以下の研修プログラムを通じて、JBICの職員は日々研鑽を積んでいるのである。

主な研修プログラム

  • 総合職・業務職共通の研修
  • 総合職対象の研修

国内研修

入行後数年間の研修プログラムは、各職員がJBICの業務に必要となる様々な専門知識を修得するよう組まれている。業務に不可欠な英語についてもプライベートレッスンなどを通じて修得する体系となっている。

業務研修

語学研修

  • 新人研修
  • ビジネススキル研修(論理的思考、問題解決など)
  • 業務実務研修
  • 財務分析研修
  • 金融法務研修
  • 国際経済研修
  • 英語プライベートレッスン
  • 英語スキル研修(プレゼンテーション、ネゴシエーションなど)

海外研修

各職員が志向する専門性に応じて、経済学、経営学、法律などの修得を目的とした海外大学院への留学、国際機関(世界銀行・OECDなど)・民間銀行への派遣を行うなど、プロフェッショナル育成のための仕組みを設けている。

業務研修

語学研修

  • 海外研修生(修士)派遣(経済学、経営学、法学、国際関係学など)
  • 国際機関(世界銀行・OECDなど)派遣、民間金融機関派遣
  • 特殊語学研修派遣(西、露、中、仏など)

選択研修

業務遂行上必要な新たな専門知識や語学の修得を希望する職員に対して、多様な通信教育や、国内大学院・語学学校への通学を補助する制度を用意し、能力開発のバックアップを行っている。

業務研修

語学研修

通信教育(語学・金融・経済・法務・会計など)
  • 業務研修受講補助制度
  • 国内大学院通学補助制度
  • 外国語研修受講補助制度(西、露、中、仏など)