株式会社国際協力銀行2018年度
新卒採用情報

INTERVIEW

職員紹介

JBICにしかできないアプローチで、
世界各国との経済関係の深化に
貢献する

花形 峻
2007年入行
鉱物資源部兼石油・天然ガス部
総合職
QUESTION 01

JBICへの入行動機

海外を舞台にした大掛かりなプロジェクトに携わりたいとの思いから、新卒では総合商社に入社しました。しかしながら、配属された部署における主な担当は国内商売の物流アレンジであり、2年半と短い期間の中で、民間企業として地道に利益をあげる厳しさと大切さを学びながらも、今後のキャリアデザインに悩んでいました。その時にJBICが中途採用を募集していることを知り、JBICへの転職を決意しました。JBICに対しては、学生時代からの憧れであった海外での大規模プロジェクトに携わることができるという点に加え、日本のため、JBICに期待を寄せる日本企業のために働くという明確な存在意義を持つことができることに強く惹かれ入行しました。

QUESTION 02

現在の仕事

現在は、アフリカの石炭開発プロジェクトに関するインフラプロジェクトを担当しています。石炭需要のほぼ全量を海外に依存する日本にとって、アフリカという新たなフロンティアを開拓することは、鉱物資源を今後も安定的に確保する上では大変重要であることに加え、開発途上国の経済発展にも貢献する案件です。民間金融機関のみではアフリカのカントリーリスクを取ることは難しい中、JBICとしてこのプロジェクトに対してどのように支援ができるかを検討しています。また、ロシア極東への日本企業の投資促進の支援も担当しています。政治的な機運が高まっている中で、日露間の経済関係の深化に貢献する案件であり、政策金融機関であるJBICならではの仕事だと思います。

QUESTION 03

仕事をする上で難しい点

JBICがファイナンスする案件は金額規模が大きいものやシンボリックな案件が多く、行内外や国境も問わず、多数のステークホルダーと調和しながら進めることが必要であることに加え、JBIC自身が案件をリードすることを求められることが多いです。多数の関係者を巻き込みながらも、自分の芯を持って案件を推進していくことの難しさを日々痛感しています。仕事に対する取組み姿勢で重要と考えるポイントは人それぞれのスタイルがあると思いますが、何よりも、ひたむきに、真摯に、責任感を持って仕事に取り組むことが重要だと考えています。ただし、業務量はそれなりに多いので、優先順位付けも大事にしています。

QUESTION 04

やりがいを感じる瞬間

難しい局面やプレッシャーのかかる場面を乗り越えて、当初の目的としていた契約を調印する時が最もやりがいを感じる瞬間です。最近の案件で印象深いのは、債務繰延案件を担当したときです。業況が落ち込み、融資をスケジュール通りに返済できなくなった会社の再建に向け、約6か月間で、民間銀行と協調しつつ、厳しい交渉を乗り越えて契約を調印できたときは、達成感とともに、安堵感を覚えました。

QUESTION 05

将来の目標・夢

JBICにおいて相応の経験やキャリアを積んできたことを踏まえ、当面の目標は、自分自身で案件を組成・リードできる実力を身に付けることです。JBICに入行して初めて担当した案件はサハリンⅡLNGプロジェクトであり、その後、パプアニューギニアのLNGプロジェクトも担当しました。いずれもプロジェクトファイナンスベースの大規模プロジェクトであり、案件組成を進めていく過程において、日本の政策金融機関としてのJBICの存在感は大きく、JBICならではの醍醐味を経験しました。再び、大規模な石炭インフラプロジェクトを担当している今、JBICの組織としての機能を最大限活かしながらも、個人的な実力や人間力を高めて、案件を成立させたいと考えています。

CAREER

キャリアパス

2007年入行。資源ファイナンス部
2010年管理部
2012年ドバイ駐在員事務所
2015年鉱物資源部
ONE DAY SCHEDULE

ある1日の流れ

8:50

出社・メールチェック

11:00

ロシア案件の内部打ち合わせ

12:00

食堂で昼食

13:00

顧客との面談

15:00

アフリカ案件の内部打ち合わせ

17:00

海外と電話会議をした後に、翌日の役員向け説明で使用する資料を作成