株式会社国際協力銀行2019年度
新卒採用情報

Close

JBICへの入行を決めた理由はなんですか。

公的であり国際的な仕事ができる機関自体それほど数多くはなかったですが、その中でも特に「日本の国益にもプラスになる海外ビジネスに携わりたい」という思いと一致したからです。

浅井 瑞季
法務・コンプライアンス統括室
法学部

当時の面接官に、今までで一番思い入れのあるプロジェクトについて尋ねた際に、どこの会社の方よりも熱く語っていたことが印象的で、私の目指している社会人像に合致したためです。

山本 泰嗣
財務部 兼 管理部
経済学部

企業選択の基準に最も合致していたからです。ビジネスの場における日本の顔として、経済外交の担い手となる国際性・公共性の高さに加え、日本と国際社会双方への貢献を目指すことができる業務の社会的意義の深さが、他の機関にないJBICの唯一性だと感じました。

川島 瑛里子
石油・天然ガス部
政治経済学部

公的機関として社会的意義が高い業務内容に携わることができると思ったからと、就職活動の過程で会った職員がとても優しくかつ知性にあふれており、自分も先輩方のようになりたいと思ったからです。

太田 亮
インフラ・環境ファイナンス部門
法学部

日本裨益を考慮しつつ国際協力を推進するという価値観に共感したことが最大の理由です。また、関心のあった資源・エネルギー分野に公的な視点から関わることができるというのも魅力でした。

矢倉 康平
電力・新エネルギー第2部
法学部

学部時代から目指していた「金融というツールを使ってよりリスクの高い、しかし必要とされている日本企業の海外進出支援ができる」企業だと思ったからです。

小澤 萌子
産業投資・貿易部
国際開発

金融という専門性を磨きつつ、パブリックな視点を持ちながら、グローバルに活躍する舞台があるというJBICの特色が自分の企業選択の軸に合致していたことが大きかったです。加えて、就職活動を通じてお会いした行員がとても魅力的だったことも大きな決め手でした。

木村 恒輝
外国審査部
経済学部

将来は国際協力の分野に携わりたいと考えていたことに加え、仕事で関わる国や地域の多さ、そして業務の幅広さに魅力を感じたからです。また、就職活動中にお会いした行員の温かさも、入行を決めた理由の一つです。

柳 知沙
経営企画部
文学部

企業選択の軸と合致していたことに加え、政策金融機関ゆえに持つ広いネットワークや手法を活かし、日本そしてその先の世界経済の発展に貢献できることに魅力を感じ、入行を決めました。

樋口 千晴
人事室
法学部

社会的意義の大きい仕事に携われる点に魅力を感じました。また、選考過程でどの企業よりも真摯に時間をかけて話を聞いてくださり、ここで働きたいという気持ちが強まりました。内定をいただいたときは本当に嬉しかったのを覚えています。

藤田 梓
財務部 
学芸学部

面接時に良い意味で緊張せず、とても楽しかったことを今でも覚えています。ありのままの自分でお話しできたことで、きっと入行後もギャップなく働けるのではないかと思い入行を決めました。

藤田 真帆
管理部
現代教養学部

途上国での滞在経験を経て、「自分の仕事を通じて、世界の社会の発展に貢献したい」という夢を持つようになり、それを叶えられるのはJBICだと考えたからです。また、説明会や面接で職員が真摯に話を聞いてくださったことも、入行を決めた理由の一つです。

渡邉 佳奈
鉱物資源部
国際文化交流学部

政府系ということから、利益第一ではなく4つのミッションに基づき仕事を行うという高い公共性。仕事を通して海外の政府、企業と関わることが出来ること。また、面接において、どの面接官の方も私の話を真摯に聞いてくださったことに魅力を感じました。

植田 真規子
IT統括・与信事務部
文学部