株式会社国際協力銀行2019年度
新卒採用情報

Close

就職活動に挑む学生のみなさんへのアドバイスをお願いします。

自分がこれまでやってきたこと、例えば、親に強制的にさせられたことや自主的に始めたことなど、人それぞれ振り返ると「誰にも譲れない価値観」を一貫して持っているのではないでしょうか。できるだけ多くの企業について調べ、自分の持つ価値観と照らし合わせ熟考することをお勧めします。

山本 泰嗣
財務部 兼 管理部
経済学部

業界を無理に絞らずに、視野を広げて様々な会社を見てみることをお勧めします。実際に様々な会社の説明会に参加することや、色々な業界を研究することによって見えてくるものもあると思います。また、直観も意外と馬鹿にできません。

板垣 彩香
石油・天然ガス部
外国語学部

今、一生を通してやりたいことを決めることは難しいことだと思います。思いつめすぎても逆効果ですので、色々な方の話を聞き、現時点で自分が将来どうありたいかできる限り熟考した上で、最後は自分を信じて決めてください。

太田 亮
インフラ・環境ファイナンス部門
法学部

業界や企業、また自分に関する理解を深めた後は、自分の経験や考え、志望理由などを正直に企業側に伝えることが大事だと感じました。自分が本当に考えていること・やりたいことを受け入れてくれる企業こそが、自分に合った仕事のできる企業なのだと思います。

辛川 知優
電力・新エネルギー第1部
法学部

志望業界・志望企業を絞っていくためにも、就活の初期段階では幅広い業界・企業の話を聞くことをおすすめします。多様な業界・企業の話を聞く中で、自然と自分の目指す方向が定まってくると思います。

川本 大喜
電力・新エネルギー第1部
教養学部

一つの業界に絞らず色々な企業の説明会に足を運ぶことをお勧めします。はじめはどんな業界が自分に合うのかわかりませんし、ひょんなことから出会った企業が自分にマッチするかもしれません。機会は多ければ多いほど良いと考えます。

君塚 香
産業投資・貿易部 
社会学部

セミナーに参加したり、OBOG訪問をしたりする中で、自分が企業選択をする際に重視するポイントが次第に明らかになってくると思います。最初はあまり業界を限定せずに幅広くあたってみる方が、結果的には納得のいく就職活動ができるのではないかと思います。

木村 恒輝
外国審査部
経済学部

自分に自信を持って堂々と前に進んでください。周りと比べる必要はありません。こんなにも自分と向き合うのも人生でこの時期だけだと思うので、悔いの残らないように頑張ってください!

柳 知沙
経営企画部
文学部

最初から選り好みせずに、出来るだけ幅広い業界・企業の説明を聞くことをお勧めします。その方が、自分の可能性を潰してしまうこともないですし、社会での各業界・企業の役割を理解した上で志望企業の選考を受けられると、自分の言葉に説得力が増すと思います。

成田 円香
業務企画室
文学部

「過去」「現在」「未来」のそれぞれの自分に思いを巡らせ、どのようなことに興味・関心があるのだろう、と深く考えることが役立ちました。より多くの企業や人に出会うことで、その考えを具体化させることができると思います。

樋口 千晴
人事室
法学部

自分に合っている、合っていないと決めつけず、一度きりの人生なので「まずはやってみる!」ということをしていただけたらと思います。私自身JBICに入行できるとは夢にも思っていませんでしたが、ご縁があり、今こうして働いています。自分には無理だと決めつけず挑戦してみて良かったなと思っています。

藤田 真帆
管理部
現代教養学部

幅広い業界・企業の方のお話を伺えるのは、就活生の特権です。多くの説明会に参加し、たくさん悩んで自分が将来成し遂げたいことを突き詰めれば、その思いは面接でも伝わると思います。

渡邉 佳奈
鉱物資源部
国際文化交流学部

私自身もまだ模索中ではありますが、将来自分のありたい姿を想像し、それが実現できそうな業界、企業を幅広くみることが大切だと思います。悩むこともあるかと思いますが、多くの人や企業に会い、直感も大切にして頑張ってください。

藁谷 茜
環境審査室
文学部