株式会社国際協力銀行RECRUITING SITE

CAREER

01
世界の開発金融機関と協働しながら、
日本政府の立場で
国際金融・開発支援に貢献。
福谷 周
2011年入行
財務省

出向先について

現在、私は、財務省国際局の開発機関課で、世界銀行(世銀)に設置された日本信託基金や米州開発銀行(IDB)の業務運営を担当しています。
具体的な業務としては、世銀やIDBに設置されている日本理事室と緊密に連携しながら、組織戦略、中長期財務運営、予算審議などに対する日本政府の方針策定、日本の開発政策の海外展開や援助が届きにくい貧困層への支援などを目的に世銀やIDBに設置した信託基金を通じた各国・地域への技術支援などが挙げられます。これに加えて、政策協議や年次総会対応などを通じて日本と開発金融機関との関係維持強化に努め、日本政府という立場から国際金融や開発支援にも携わっています。

仕事の苦労とやりがい

JBIC入行以来、アジアや中南米地域の外国政府の信用力審査や世銀やアジア開発銀行(ADB)などをはじめとする開発金融機関と協働しながら途上国政府と融資契約交渉をする場面などを経験しましたが、開発の世界においては、日本人の常識が必ずしも通用するとは限りません。例えば、世銀やIDBの理事会や委員会での決定事項のうち、重要な議題については、日本のみならず各国ドナーとの調整が必要となることが多く、そうした場面においては、これまでの固定観念を捨てて、各国ドナーと協調体制を構築するためにより柔軟な対応を迫られる場面にも遭遇します。こうした場面に備えて、日頃から効率的に情報収集し、関係者とコミュニケーションしながら、問題点を的確にとらえ、ポイントを整理しておくという一見当たり前のように見えるプロセスを着実に行っておくことが大事であると実感しています。

改めて見えたJBICの役割・使命・魅力

世界を見渡せば、日本としても政策的に重要性の高いインフラ、保健、防災などの様々な分野で支援をしてほしいという声があります。例えば、2019年の日本議長下のG20においても質の高いインフラは重要な開発アジェンダとなっていますが、質の高いインフラ投資にあたっては、JBICが呼び水となり、民間資金を動員していく役割にも期待が寄せられています。
また、第四次産業革命時代に突入している中で、全てのモノとインターネットがつながるIoTやAI(人工知能)が急速に普及していくことが見込まれます。情報技術を地域の発展にどうつなげていくのかという政策的な議論も行われており、日本企業の先駆的な取組みを海外展開につなげていくチャンスは世界中に転がっています。
JBICは、新中期経営計画の課題の1点目として成長分野・新領域を掲げており、最先端の情報技術の分野においてもJBICの支援が今後益々期待されると思います。

今後の目標・キャリアプラン

成長促進・貧困削減・格差是正といったような開発課題に対して日本政府としてどのようにアプローチをしていくのか、ということを関係者で議論し、意思決定していくプロセスを通じて日々多くの学びを得ています。今後も世の中で起こっていることに常にアンテナを張り、開発分野における専門スキルを高める機会を自ら見出し、精進していきたいと思っています。

オフの過ごし方

財務省出向前は、家族を日本に残し、単身で米国に留学していたこともあり、休日は家族との時間を大切にしています。長男と自宅近くの公園に遊びに出掛けたり、家族で小旅行に行くなどして楽しんでいます。また、留学時代の友人が長期休暇を使って日本に遊びに来ることがあるのですが、東京近郊の観光地巡りをしながら近況をアップデートしたりしています。

02
世界銀行の意志決定に際して、
日本政府の方針を左右する重責。
田﨑 千尋
2011年入行
世界銀行

出向先について

世界銀行第2位の出資国である日本の理事室で理事補として、世銀グループの組織戦略から個別投融資案件まで様々な意思決定を行う際に日本のスタンスを練るという業務に携わっています。
具体的には、まず理事会にて審議される書類を読み込み、担当者に取材をしながら内容への理解を深め、マルチの開発機関としてのあり方や日本の利害などを考慮し、その事案への対処方針を考えます。並行して、他国理事室とも議論し、意見の調整に努めます。その上で、上司である日本理事に相談し、日本の最終スタンスを決定します。理事会では基本的に理事が発言しますが、私がメインテーブルに着席して、日本としてのスタンスを自分で表明することもあります。現在の業務を通して、一種の外交を体感しているのだと実感します。
私はJBICの知見を活かして、JBICと同様に民間企業支援を行っているIFCの組織戦略や業務戦略を中心に見ています。

仕事の苦労とやりがい

世銀グループは2018年にIBRD/IFC両機関の計130億ドルの増資に合意しました。増資に際しては、世銀グループが今後どのような業務を進めていくのか、増資後の各株主の出資比率構成はどうするのかなどの重要な論点に株主と世銀グループが合意する必要があり、ハイレベルな難しい交渉を行います。私はIFC担当として増資交渉に携わりました。増資に関しては財務省が熟慮の上で意思決定しますが、私が考えた素案がそのまま日本政府の方針になったことも多々ありました。自身が考えたことが世銀グループにおける日本政府としての方針になるというのは責任が重くて大変と感じる一方、とてもやりがいがあります。
また、私の上司である日本理事や理事代理が、担当理事補が積極的に発言することを奨励してくださっていることもあり、私はこれまで担当機関のIFCの副総裁と議論する機会に多く恵まれました。世銀グループの意思決定を行う幹部と直接議論できるのは本当に面白く、勉強になります。

改めて見えたJBICの役割・使命・魅力

日本企業の国際競争力の維持・向上のために海外プロジェクトに出融資するJBICの役割は、今後ますます重要になると思います。現在、開発の世界では、民間セクター開発や開発への民間資金動員の重要性が高まっており、まさにJBICが行っていることが世界的な潮流になりつつあるのです。
また、日本理事室を含め世銀の各国理事室は、各国財務省や開発庁出身者が多く、民間ベースのプロジェクト実務を行う機関の出身者はあまり多くありません。そのため、JBIC出身ですと、周囲から「ファイナンスに詳しい人」「プロジェクトの実務を知っている人」という目で見られるので、大変身の引き締まる思いです。

今後の目標・キャリアプラン

国際機関の世界で民間ビジネス支援がどう捉えられているか、国際舞台のどの役者が何を考えているか、ということを日々学んでいます。また、理事会事案の対処方針を考えることで、論理的な思考力と広い視野、多様な意向を持つステークホルダーとの調整・交渉能力が鍛えられています。将来のJBICのあり方を考える際に必ず役に立つ知見だと思うので、組織戦略や業務戦略の仕事で活かしていきたいです。
また、国際機関は突然色々なことが起きて、予定通りに物事が進みません。着任当初はそうした状況に納得できないと思うこともありましたが、今では慣れて何とも思わなくなりました。多少何かトラブルがあってもどうにかなると思える強いマインドと、様々なリスクを見越して行動するスキルは、この先どんな仕事でも役立つと思います。

オフの過ごし方

同じく日本から赴任している友人と食事や旅行に行くことが多いです。特にニューヨークは電車で4時間弱なので、よく週末に行ったり、近所のヨガにも時々通ったりしています。また、ワシントンの冬は本当に寒く、雪で外出しにくいことも多いので、家で料理や読書をしてゆっくり過ごすことも多くなりました。元々帰国子女ではないので英語には苦労していますが、こちらに来てから英語の小説も読むようになりました。